PUENTE FC PUENTE FC

  • 無料体験
  • ご入会
  • お問合せ

スタッフ

代表挨拶

プエンテFC代表

プエンテFC 代表

FC今治
橋本 英郎

フットサルをやれば技術が早く身につく

私の小学生年代の頃はフットサルやサッカーで必要なボールタッチの技術を身に付ける
機会が少なく本格的に技術の練習をスタートしたのは中学生で他の選手に比べると
スタートは遅かったと思っています。
私自身技術がない選手で中学生、高校生年代を過ごした経験から小学生時代にサッカー、
フットサルの技術習得をしていれば今後のサッカー、フットサル人生に大きな影響を
与えると思います。

小学生年代はボールタッチの技術を向上させるには合ってる時期と言われています。
その時期にたくさんボールに触れ合えるフットサルをしてれば技術向上が早い段階で
進められると考えます。
プエンテFCはサッカーを愛する青少年の育成とそこから広がる
世界への架け橋《プエンテ》 になりたい、との思いから設立致しました。
スクールを通じて、サッカーや仲間との触れ合い、子供たちが【心・技・体】すべてに成長できるよう尽力します。

HISTORY
選手歴
’92‐’94 ガンバ大阪ジュニアコース
’95‐’97 ガンバ大阪ユース(天王寺高・大阪)
’98‐’11 ガンバ大阪(’98‐’02 / 大阪市立大学)
’12‐’14 ヴィッセル神戸
’15‐’16 セレッソ大阪
’16‐’17 AC長野パルセイロ
’17‐’18 東京ヴェルディ
’19 – FC今治
代表歴
’07‐’10 日本代表
資格
日本サッカー協会公認B級ライセンス
 
CHARITY

橋本はチャリティー活動を通じて、特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会に寄付を行なっています。
日本クリニクラウン協会は、クリニクラウンを小児病棟に派遣し、入院している子供たちがこども本来のチカラを取り戻し、笑顔になれる環境をつくるために活動しています。

橋本をはじめPUENTE FCは同協会の理念に賛同し、このWEBサイト上でも、チャリティーを実施することになりました。皆さんに少しでもチャリティーに興味を持つきっかけになれば嬉しく思います。ご協力、よろしくお願いします。

活動報告はこちら

スタッフ紹介

  • 山口 直大

    コーチ
    バンディオンセ加古川
    山口 直大

    私は小学校2年生の時にサッカーを始め、現在まで25年以上プレーしていますが、歳を重ねれば重ねるほど《とめて、ける》という基本技術の重要性を実感しております。と同時にその技術を、相手からの《プレッシャーの中》で、《判断を伴った状況》において発揮できる選手が、一流の選手になっていくんだなと強く感じています。プエンテFCが練習を行っているフットサルコートや体育館といった狭いコートはまさにこのプレッシャーを受けた中で判断をするという力をつけるのに最適な環境であると思います。

    また、判断をするということは自分で考えて決断するということであり、サッカーの練習中はもちろんですが、普段の生活の中から自分で考えて決断する習慣を身につける必要があります。プエンテ式サッカーノートを利用することで自分で課題を見つけ、必要なトレーニングを考え実行するという判断力を身につけることができます。

    プエンテFCでの取り組みを通して【心・技・体】すべてにおいて一緒に成長していきましょう!

    HISTORY
    選手歴
    ’99-’02 埼玉県立浦和高等学校
    ’02-’06 東京学芸大学
    ’06 ザスパ草津チャレンジャーズチーム
    ’07-’09 ファジアーノ岡山
    ’09/4-’09/6 ファジアーノ岡山ネクスト
    ’09/6-’09/7 アンソメット岩手・八幡平 (期限付き移籍)
    ’09/7-’09/12 ファジアーノ岡山ネクスト
    ’10 福島ユナイテッドFC
    ’11 ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ
    ’12 ヴォルカ鹿児島
    ’13 FC KAGOSHIMA
    ’14 鹿児島ユナイテッドFCセカンド
    ’15-’16 テゲバジャーロ宮崎
    ’17 J.FC MIYAZAKI
    ’18- バンディオンセ加古川
    指導歴
    ’07-’09 ファジアーノ岡山サッカースクールコーチ
    ’10 福島ユナイテッドFCサッカースクールコーチ
    ’16 テゲバジャーロ宮崎選手兼監督
    ’18- プエンテFCコーチ
    資格
    日本サッカー協会公認キッズリーダー
  • 小西 雄大

    コーチ
    デウソン神戸
    小西 雄大

    幼少期からサッカーをプレーしてきた私が本格的にフットサルを始めたのは大学生の時です。その頃に日本フットサルリーグ(Fリーグ)が設立されましたが、個人的にはもっと早い幼少期の段階から本格的にフットサルを始めておけば良かったと、今は強く思っています。

    なぜなら、フットサルではボールを扱う技術だけではなく、判断力を養えるからです。フットサルはサッカーと比較するとコートが狭いため、同じ選手を比較した場合、1分間のボールタッチ数がフットサルの方が6倍多いというデータがあります。つまり、それだけ判断や決断を求められる状況に多く出くわすため、必然的にボールを扱う技術力と判断力が同時に身に付きます。

    実際に海外のサッカー強豪国では、幼少期からフットサルをプレーしていた選手がサッカー選手として活躍しています。日本でもフットサルからスタートして、フットサル選手かサッカー選手になるかを選択できる環境を作り、世界で活躍できる選手を輩出したいと考えています。

    私が現役フットサル選手として日々学び、感じている事を惜しみなく提供します。【心・技・体】すべてが成長できるように、一緒に学んでいきましょう。

    HISTORY
    選手歴
    <サッカー歴>
    ’99-’01 西宮市立瓦木中学校
    ’02-’04 関西学院高等部
    <フットサル歴>
    ’10-’11 ヴァクサ高槻(関西リーグ)
    ’12-’13 デウソン神戸アスピランチ(兵庫県トップリーグDiv.1)
    ’14 デウソン神戸(Fリーグ)練習生
    ’15 デウソン神戸(Fリーグ)
    ’18 バレーナオルディ西宮(兵庫県トップリーグDiv.1)
    ’19- デウソン神戸(FリーグDiv.2)
       
    指導歴
    ’19/7- プエンテFCコーチ
  • 小西 雄大

    ジュニアユースチーム監督(2020年4月~)
    田原 新二

    ジュニアからジュニアユースになると人数も8人制から11人制となり、「サッカー」を本格的に学んでいく年代となります。少年時代に身につけた技術にさらに磨きをかけ、個人戦術やチーム戦術を学び、1人の選手として何ができるのか、チームとして何ができるのかを判断し、実行する能力と技術を身につけ、その後のサッカー人生に繋がるような環境を作りたいと思います。

    そして生活面においては、多感で気持ち的にも不安定な時期を迎えます。プエンテFCではサッカーを通じて規律性を保ち、信頼関係を構築して選手1人1人が1人の人間として自立していくためにサポートしていきます。

    サッカーと生活面において【心・技・体】が素晴らしく成長できる年代です。一瞬たりとも無駄にする事なく共に学び、充実した日々を送りましょう。

    HISTORY
    指導歴
    ’13- ステーロフットサルクラブ
    ’20- プエンテFCジュニアユースチーム監督
       
    資格
    日本サッカー協会公認C級ライセンス
    キッズリーダー
    サッカー4級審判員
    フットサル4級審判員
  • 二川孝広

    スーパーバイザー
    FCティアモ枚方
    二川 孝広

    HISTORY
    選手歴
    ’96‐’98 ガンバ大阪ユース
    ’99‐’16 ガンバ大阪
    ’16‐’18/3 東京ヴェルディ
    ’18/4‐’18/12 栃木SC
    ’19‐ FCティアモ枚方
    代表歴
    ’06‐ 日本代表

しっかりした個別指導はプエンテFCだけ!

1人1人に合わせた指導でお子様の持つ
資質を活かしませんか?
まずは、プエンテFCを体験してください。

個別指導はプエンテFC